FC2ブログ

アメブロ版RIN LOG** 多くはスマホから呟き的に使ってます♪

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメブロ版RIN LOG** 多くはスマホから呟き的に使ってます♪

3周年振り返り企画。。1

2010年07月19日 17:53


少し・・蒸し暑い朝
私は待ち合わせの駅に車を飛ばす

『準備は?』
耳元で誰かが囁く
『何の?』
私は問いかける
『化粧は?ボディケアは?髪型は?』
化粧は・・
ちゃんと慌てずベースも整え時間をかけて
ラインも引き・・泣いてしまってもいいようにちゃんと・・
ちゃんとしたつもり・・
ボディーは
何日も前から保湿を心がけ、前日にはローズオイルを塗ってちゃんと・・
ちゃんとしたつもり・・
髪型は
何度もやり直して、隣に座るであろう、その人から
あまり表情が見えないようにセットした。

『完璧?』
そんな声が聞こえても
もう間に合わない・・
引き締めようと頑張っても間に合わないものの方が多かった。溜息と共に、
その日はあっという間にやってきて
行くのをやめようかと思う気持ちも多々あった。

それでも逢いたい気持ちが遙かに上回って
私を突き動かす。

仕方ない・・
嫌われても、落胆されても
今の私がそうなのだから
そのままで・・このままで見てもらえばいい。
変な開き直りと共に
私は最後にグロスを引き
駅に向かった。
一瞬・・
心の準備はどうなのか・・そんな問いかけが聞こえた気がしたが、駅は目の前だった。

その人は絶対、真っ白なシャツを着て
立ってるのは分かっていた。
だって・・
私がイチバン好きな格好だから・・願いだったのかもしれないけど・・

予想通りその場所に車はズラッと並び
見送りと出迎えの車で列を成していた。
私の車は最後尾、出口からは20M位ある
車の陰に隠れて見えないんじゃないか・・
車の種類も、色も
その人には言ってない。
分かるだろうか・・

できるだけ見つけてほしかった
車の外には出たくなかった
何故なら
車に乗り込む前に
落胆する顔を見たくなかったから
車のフロントガラス越しにサングラスをかけた上半身だけ
見えてる
私を見つけてほしかった。

時間は1分を過ぎ
2分を過ぎる

ゾクゾクと出口から人が出入りし
列を成していた車が出てはまた入ってくる。

不安が襲う

もしかして・・来てないのか?

慌てて、携帯を開きメール確認する。
その人からは、着いた!とも、どこ?とも
メッセージは入っていない。
こちらからメールを送るのは少し躊躇われた・・
もし・・来てなかったら・・もし・・この日の話は軽いジョークで
本当の話じゃなかったら・・
今メールを送るのはとても・・場違いな気がして・・

でも。もし・・待ってくれてたら・・
少し迷ったが、その時はその時で私も笑えばいい
そう思って

『着いた?』

とメールを送る。

『着いてる』

と瞬間返ってくる。

『どこ?』

『中央改札を出てタクシー乗り場の反対側におる』

と返ってくる

その場所は、私が車を止めてる処からは
左に入った処で、その人の姿を確認する事はできない。
すでに待ち合わせの時間からは10分近く経っている。

エンジンを切り
私は車から降り、その場所が見える処まで
歩を進めた。

ガード下で真っ暗だったその場所から
いきなり太陽の下に晒された私は、あまりに眩しくて
手のひらで陽を遮る。

視線の先に
真っ白なシャツを着た、その人だけが
私の目に映った。
真っ黒なタクシーがその人の周りにハエのように
群がり、早くその場所から逃がしてあげたい
と思った。

大声で名前を呼ぶわけにはいかない・・
かといって、目の前の柵を跨いでその場所に
行くのも躊躇われた。

『そのまま左見て』

そうメールを打つ。

携帯を確認するその人の動きが見える

その人の顔だけが私の姿を捉える。

それでも私だと分かるように私は片手を挙げ手を振る

その人の表情までは見えない

その人に私はどう映ったのだろう・・


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://loveholiclog.blog122.fc2.com/tb.php/103-430e7b0f
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。